韓国ドラマ『トッケビ』レビュー/歴代の最高視聴率

韓国ドラマ『トッケビ』レビュー 海外ドラマ

『トッケビ』をまだ見てない人へ

もし自分自身に運命の相手が存在するとして、それが不老不死の幽霊だったとき、あなたならどうしますか。

韓国で放送当時、ケーブルテレビドラマの歴代最高視聴率を更新し、CMやロケ地巡りなど大流行をみせたドラマ『トッケビ』

一度見たら最終話までノンストップで見てしまってもおかしくないほど、人を夢中にさせるドラマ『トッケビ』について紹介します。

『トッケビ』あらすじと見所 !

 

嫉妬に溺れた若き王の策略により、逆賊として命を絶たれてしまう英雄キム・シン(コン・ユ)。

神によって不滅の存在である鬼(トッケビ)にされてしまいます。

永遠に続く不滅の日々から解放してくれるのは、トッケビの花嫁しかいないのです。

900年後、ふとした偶然からちょっと変わった女子高生ウンタク(キム・ゴウン)と出会います。

彼女は、シンをトッケビだと見抜き、自分がトッケビの花嫁だと告げます。

同じころ、元家臣の子孫であるドクファ(ユク・ソンジェ)から借りて暮らすシンの家に、ドクファの手違いによって死神が同居することになります。

突然、男二人の不思議な同居生活を送ることになる死神とシン。

そこへ、親戚から追い出され行く当てのなくなったウンタクまで加わります。

彼女の無邪気な明るさで、あっという間に賑やかとなった毎日を過ごす三人。

いつの間にかウンタクの純粋さで飾らない魅力に、次第に心惹かれていくシンがいます。

永遠の命から解放されたいと願い続けてきた思いと、ウンタクと過ごす日々で大きく揺らシンの心。

一方、死神はウンタクのバイト先で社長を務めるサニーと出会います。

この出会いが、死神とサニーの運命を大きく変えてゆくのでした。

シンとウンタク・死神とサニー、それぞれ運命が過去と現代、そして未来にかけて複雑に交差していくストーリーが今作の見所です。

『トッケビ』で印象に残ってるシーン&OST

 

『トッケビ』の中には、数多く名シーンが存在しますが、物語核心の重大なネタバレにならない範囲で印象に残ったシーンを紹介します。

一つ目は、ある事が原因で、車で誘拐されてしまうウンタクを助けるシーン。

何とか逃げようとするも妨害され、トッケビであるシンを呼び出すことに失敗してしまいます。

車で人気のない道を連れ去られていき、今にも絶体絶命のピンチ。

その時、突如周りの街灯が徐々に消えていきます。

ライトに反射した夜霧の向こうから現れる死神とシン。

ウンタクの助けを呼ぶ願いは、しっかりとシンには届いていたのです。

この登場シーンが、凄く衝撃的でカッコイイ上に、ここで流れるOSTが二人の神秘的なイメージをさらに強くしている印象です。

このように『トッケビ』では、重要なシーンをより一層魅力的に引き立てるために素敵なOSTを数多く使用しています。

中でも代表的な曲が、『トッケビ』の各話で必ず挿入されていて、物語の情緒的な雰囲気を強調してくれるCrushが歌う「Beautiful」。

もう一曲は、オープニングや重要シーンで挿入され『トッケビ』の代名詞となったハン・スジが歌う「Round and round」。

二曲とも、放送当時から話題になり、問い合わせが殺到した名曲です。

さらに、『トッケビ』を語る上で、もうひとつ欠かすことができないのが、二つ目の死神とシンが繰り広げるコミカルなやり取りの数々でしょう。

例えば、ウンタクにより、いつでもどこでも急に呼び出されるようになってしまったシン。

常にオシャレな姿で現れたいと思うシンが、死神を無理やり付き合わせ、服を選ぶシーンがあります。

嫌々ながらも、なんだかんだ付き合ってくれる死神と、お構いなしにコーディネートを聞きに来るシンとの掛け合いがとても和みます。

その翌日に、ここぞとばかりにシンの下着で替え歌のようなものを披露して、やり返そうとする死神の可愛さもギャップが面白いです。

この二人が見せるカッコよさと可愛さのギャップも、大ヒットの要因の一つとなりました。

『トッケビ』が誇る大人気カップル!

今作、『トッケビ』では視聴者の人気が、登場人物の二つのカップルで大きく分かれました。

シンとウンタクのメインカップルと死神とサニーのカップルの二つです。

シンとウンタクのカップルでは、永遠の命からの解放とウンタクへ募るの思いで揺れるシンが見せる優しさや葛藤。

同様に、ウンタクの見せる純粋さや諦めない強さが、二人の関係を築いていく上で、感動を呼び起こしました。

死神とサニーのカップルでは、死神の不器用さとサニーの少し変わった人柄が、驚くほど上手くあっていました。

二人のちぐはぐなやり取りにクスッと笑ってしまう前半と、あることをきっかけに切なく胸が詰まる展開と変わっていく後半。

この変化に心奪われ、気付いたらメインカップルよりも、こっちを追いかけていたというファンの声も多かったです。

『トッケビ』の魅力

不思議なファンタジーの世界観と切ないラブロマンスをあわせ持つ『トッケビ』。

カナダのケベクで撮影された美しい街並みや、映画のような演出の数々など、映像の素晴らしさも際立っていました。

視聴者の心をつかんで離さなかった色々なOSTも、ドラマを彩りました。

思いっきり笑えて、思いっきり泣ける、そんな人を惹きつけて止まないストーリーは老若男女問わず誰でも楽しむことができるでしょう。

家族や友人、大切な人と是非一緒に観てもらいたい作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました